<   2014年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧


ベランダも春爛漫^^

はこべ
d0126127_9425486.jpg

はこべちゃん
d0126127_9431126.jpg

はこべに うずもれて~
d0126127_9432482.jpg


ピンクのお鼻の中が ピクピク
かわいいお口を 超高速に動かします

ハコベ三昧の後、今のこぐは
私が 声をかけても
全く振り向こうともしないで
ペタッと、お腹をつけて 
お昼寝タイム
041.gif
夢の中では 笑顔のこぐでしょうか^^

056.gif こぐね やっぱり ハコベちゃんが大好き!
056.gif こんなに たくさん毎朝食べても まだまだベランダには
056.gif たくさん はこべちゃんがあるんだって^^

にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
[PR]

by moruchibi | 2014-04-20 09:50 | Comments(0)

新井薬師

哲学道公園への旅?
第3弾^^

公園とは、駅を挟んで反対側
新井薬師!
d0126127_9252980.jpg


ここも初めてお邪魔させて^^頂きました

満開の桜で、近くの施設からでしょうか
高齢の方々が車いす・マットなどに腰を下ろされて
「きれいだね~」とほころぶ笑顔でお話を楽しまれ
私までつられて同じ方向の桜を愛でていました
d0126127_92672.jpg

ボディに施設名が印字されている別々の5台もの送迎車が駐車場に停まっていました

私が通うセンターでは、通所送迎の途中では
各ドライバーさんがその日の見ごろの桜のコースを考えて
桜の真下に“一時停車”
という粋な配慮をして下さるのですが
自主トレ・リハビリ・入浴・・・等で、なかなか外出は叶わない日々です

翌日、新井薬師の皆さんの笑顔の話をスタッフとの休憩時間にしましたら
皆、「そうしたいよね~」と、まるで昨日の新井薬師の皆さんのご様子が見えるように
我がセンターでも出来そうなコトの話で、盛り上がりました
今のところ外出は叶わないけど、みなとのそんな時間がすごく嬉しい仕事場です

新井薬師前駅に向かう帰路、
中野通りの桜の真下&歩道橋からの景観を享受
d0126127_9265113.jpg

日帰りですのに、まるで旅が出来た爽快感
久しぶりに、おっとっととの小さな旅となりました

あっ
遅めのランチは お・す・し^^
江戸っ子肌のご主人との語らい
(阿部定さんの事件や高校野球)が 最高の おもてなし^^
「すし政」(新井薬師入口近く)で、時間を忘れるくらい楽しい出逢いタイムになりました
大盛り握りランチ二つ&ビール⑴本
二人で2,000円ちょっと
申し訳ない程、大盤振る舞いのご主人と明るい笑顔のアルバイトの女性でした
もう一度、あのこはだが、食べたいね~と 今もおっとっとと話しております

にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
[PR]

by moruchibi | 2014-04-20 09:33 | Comments(0)

哲学の庭

哲学道公園への旅?
第2弾^^です

哲学公園横の「哲学の庭」
d0126127_9125650.jpg

宗教・哲学・法を代表する人・・・
・達磨大師(だるまたいし 禅宗の開祖とされている人物。中国で活躍した仏教の僧侶)
・聖フランシス(フランシスコ修道会の創設者。カトリック修道士です)
・ガンジー(インド独立の父。弁護士、宗教家、政治指導者)などの彫刻が、
春の陽ざしを受けて不思議な空間に建ち並んでいらっしゃいました^^

周りは 春の草花が太陽の暖かさを受けて輝いていました
d0126127_914568.jpg


公園横の桜
d0126127_916431.jpg

たくさんの人々を立ち止らせてしまう程 春爛漫・満開でした
[PR]

by moruchibi | 2014-04-20 09:18 | Comments(0)

『哲学堂公園』散策の旅?^^

満開の桜の季節
以前からの念願でした~中野区にある『哲学堂公園』に行ってまいりました

東洋大学創始者・井上円了氏が
d0126127_8562250.jpg


「哲学をテーマにした精神修養」の場として創立した、
世界でも珍しい公園!と、いわれているそうです

新井薬師前駅から のんびり歩いて10分ほど
満開の桜に出迎えられて、公園に。

なんと!
ちょうど桜が満開の時期であったからか
元力士・舞の海さんが ロケ撮影中~
d0126127_8564583.jpg


目の前を 颯爽と軽やかに歩かれる 舞の海さんの姿勢の良さ^^


公園というか、庭園の中を進むと
瓦に哲マークが刻された哲理門(妖怪門)
d0126127_857744.jpg


六賢台(ろっけんだい)という、哲学堂公園中でも
d0126127_8573013.jpg

印象的な赤い建物も 堂々と目に入ってきます


その反対側には
『三学亭』という三角形の東屋。
d0126127_857497.jpg

小さな丘に向かう三方の階段の上に建っていました
[PR]

by moruchibi | 2014-04-20 09:05 | Comments(0)

甘い物好き 虎屋~^^ 

珍しい頂き物~
本日、入学式というお子さんのお祝いに
虎屋の注文品・お赤飯&蓬が嶋という大きなお饅頭
d0126127_16163154.jpg

   お赤飯に付いていた”胡麻塩”が珍しく
   白い塩と黒ゴマではなく
   黒ゴマがお塩に 薄く包み込まれて~
   うす塩の中の胡麻^^  香りが最高でした

d0126127_163831.jpg

   お赤飯の隣にある白いお饅頭が
   とっても大きい~
d0126127_16165391.jpg

   中には小さなお饅頭がいくつも包み込まれていて
   切り分けると カラフルに~
     (切り方が下手で ごめんなさい)

甘い物が大好物な私

どら焼きが食べたくなると
御徒町のう・さ・ぎ^^
水羊羹なら、浦和の原山^^
田舎饅頭なら、北浦和の伊勢やさん^^とか


都内では なかなか行けませんので
それが手に入る機会まで
じっと 我慢しています

ですから
思いがけず昨日は
ドカッと虎屋でしたぁ

こぐの
ロン毛があまりにも伸びてきて
衛生的に 心配になり
今日、少しだけ・・・
ご褒美に、たくさんのベランダハコベちゃんをプレゼントしました


056.gif  こぐね 今日は1,056gですって
056.gif  おちりのまわりをね
056.gif  さっき、カットされちゃったの



にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
[PR]

by moruchibi | 2014-04-11 16:47 | Comments(0)

白い晩春^^

真っ白な馬酔木です
4月の太陽を浴びて輝いていました
d0126127_15552391.jpg

暫く、魅せられて立ちすくんでしまいました

次も
眩しいほどの白さが魅力の
山吹です

通勤途中の楽しみになっています
季節ごとの 白いお花を 見つけました
d0126127_15554627.jpg


一か月前までは
白い花が柔らかな香りを届けてくれていた
梅に本当に小さな実がつき始めていました
もう、すでにこんな季節なんですね~
d0126127_1556238.jpg

[PR]

by moruchibi | 2014-04-11 16:04 | Comments(0)

サントリーホール 解放^^

サントリーホールのオープンハウス
に 参りましたぁ

ホール正面のオルガン
d0126127_23554243.jpg


たった一人の奏者とは思えない大迫力の演奏でした

無料・自由参加ですのに
横浜シンフォニエッタ主席指揮者・鈴木優人氏の
指揮、オルガン・チェンバロ演奏を満喫

このホール特有のステージを取り囲むような客席の配置
d0126127_23562576.jpg


オーケストラの演奏を
指揮者・バイオリン奏者を正面側から堪能出来ました

オープンハウスならではの
ドキドキし、
次の場面をわくわく期待感があふれ出る企画演奏でした

ステージには、最初チェロ奏者が一人
ご自分のパートの ♪カノン♪を 演奏開始♪
暫くすると
次のパートの方々が
時間差で登場
次々に 登場なさった順に演奏を開始
最後には
オーケストラの
♪カノン♪
が ポール全体に響き渡っていきました


自由参加ですので
お子さん連れの若い方々も多数。
普段は お子さんをどなたかに頼んでしか
聴くことが叶わない オーケストラ

皆さん
喜ばれたのではないでしょうか

ただ、お子さんゆえ
泣いたりむずがる場面も・・・
そんな時こそが
ご一緒の大人方々が 周りの方々への気遣いをなさって下さる事が
大切な鍵となってくるのだろうなぁと
感じました

六本木なんて
なかなか足が向かない所ですが
満開の桜・馬酔木・レンギョウ等春爛漫
春の日差しを浴び、のびの~びリフレッシュ休暇となりました

056.gif  こぐね 新鮮お野菜が食べたくて・・・
056.gif  ずっと我慢してモル留守番してたの
056.gif  夕方、やっとベランダはこべちゃんを沢山食べたの
               お日様の匂いがして新鮮^^美味しかったぁ016.gif
[PR]

by moruchibi | 2014-04-08 00:04 | Comments(0)
line

3代目モルモット・チャロは一気に成長していく元気な男の仔です。身近な季節の移り変わり、習いたての小唄のお話などとともに。


by moruchibi
line