浦和・調神社まで
ずっと神社を検証なさっていらっしゃる、韓国語の先生に
ご一緒して行って参りました

待ち合わせの浦和駅西口駅前では、
d0126127_9235659.jpg

 「こころは 東・北」の 赤い団扇を手にした
うなこちゃんに 逢いましたよ^^


調神社では、有名な駒狗ならぬ・駒うさぎちゃんは勿論、
あちこちの
うさぎさん^^に 逢えます

こんなうさぎちゃん^^ 見っけ^^
d0126127_9201753.jpg

こんなところにも~
d0126127_920373.jpg

巨木が茂る敷地内の空気が
普段と異なる時間が流れているよう~でした


<またまた~別所沼へ~>

話が弾み、別所沼までゆっくり足を延ばしてきました
沼辺には、まだ・・・
d0126127_9217100.jpg

             (特に酷いこの箇所は、立ち入り禁止になってます)
 
沼一周約1㌔のトリムコースがあります
早朝も こんな夜景を楽しみながらも・・・
d0126127_9211976.jpg

       
24時間・・・コースを楽しまれてる方々が
それぞれのペースで~
街の中のオアシス~

056.gif 「元気がないね~」って 心配顔でぼくを見てるけど
056.gif ぼくだって^^ お鍋のふたを落としたの 見てるんだよ^^
056.gif 今日は”先生”からのお土産の野菜^^おいしかったなぁ


にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
[PR]
 
d0126127_15195699.jpg

       (サンポーニャ&マテ茶セット等・・・は、
        たくさんのアルゼンチンの文化を楽しませて下さった
        彼女からのプレゼントの一つ)


 南米アルゼンチン在住の友人のお子さんが、
欧米人で発生頻度が少ない病気の為、手術が必要となり、たまたま昨年から仙台にご家族で来日。
 
 2回目の手術の後、落ち着かれたら逢いましょうと
メールや電話で楽しみに相談をしていた、まだ治療の最中に、あの3月11日。

しばらくは近くの小学校に家族で避難生活。

・・・悩みに悩み、迷ってましたが、結局治療半ばで、帰国を決意。

「逢えないまま、明日 仙台からまず、新潟へ行きます・・・」

との電話での彼女の声は、
全く別人・・・風邪をこじらせ、疲れ切った声でした

その後を 案じたままの日々でした
やっと届いたメールで様子がつかめました

   仙台から、タクシーで新潟まで、
   そこから名古屋へ。一晩泊まり翌日成田へ
   フランス航空で、まず韓国、そしてフランス
   そしてやっと首都ブエノスアイレス・エセイサ空港に到着したのは・・・
   
   この今の時代ですのに、なんと60時間後・・・

しばらくは彼女も含めみな体力が戻るまで、ご両親のもとで、大変な日々になってしまったとか。
幸い、お子さんは元気をほぼ回復
あと少しで学校にも行けるようになれるかと・・・というお話です

毎日テレビで日本の様子に胸を痛めている・・・と・・・

まずは ほっとしました・・が
お子さんの今後・・・まだまだ避難生活を続けざるを得ない友人たち・・・

心の底から 
少しずつでいいですから
みんなが 元気に 良い方向に進みたいねって、話しました。
[PR]
d0126127_19275499.jpg

鬱金(ウコン)さくら&ソメイヨシノ(別所沼)
手前は、まだ、蕾も固いウコン桜の枝です。

自転車で身近なさくらめぐりを楽しんできました
途中、見事な万葉の花 馬酔木(あしび)に出逢えました
うす紅色のものと白とが 一緒に^^満開でした



d0126127_1928599.jpg

春爛漫 明るい日差しに
みんな元気になぁれ~って
元気を頂いた気分でした


”鼓童”のファンの友人からのお誘いで
独創的なオリジナルパーカッションの”ブルーマン”と
“打男(ダダン)”どうし 初めてのコラボの公開収録に行って参りました
d0126127_1930346.jpg

                    (六本木ブルーマンシアター)
 
      「たくさんの方々が底知れない不安の中で過ごされていること、
       これから長期にわたる復興の日々に思いを巡らせ、
       鼓童に何ができるのかを模索しつつも、
       この困難の道を共に歩んでまいりたいと思います・・・」
の語りからスタートは 会場の皆の思いとが重なって・・・

大平太鼓の振動が被災された方々・・・の元へ届いていくような
いつも以上の力強さを感じました
d0126127_19304993.jpg

会場敷地にはこの車が幾台も・・・

にほんブログ村 小動物ブログ モルモットへ
[PR]